サラワクで捕獲されたワニで発見された14歳の少年の人間と思われる遺体

サラワクで捕獲されたワニで発見された14歳の少年の人間と思われる遺体

7月26日(日)にムカー管区のタンジュンマニスで東マレーシアの14歳の少年を殺した疑いがある4.5メートルのワニが事件後1週間未満で捜索救急隊(SAR)チームに捕まった、マレーメールは報告した。 7月31日金曜日に捕獲されたワニは、肉と骨の破片、および行方不明のRicky anak Ganyaの胃の中の衣服を所持していたと消防救急局(Bomba)のスポークスマンは述べました。 「ワニは午前9時15分頃、野生生物局、サラワク林業公社、警察のチームが最後に見た場所から約3 km離れた場所で、フックに取り付けられた餌であるニワトリをとりました。スポークスマンは言った。 少年は、日曜日の午前11時30分頃にワニに水中に引きずり込まれたとき、叔母と2人の家族と一緒に川のカタツムリを探していました。 叔母は攻撃を目撃したと伝えられています。 その後、ボンバ、警察、市民防衛局、野生生物局、サラワク林業公社、ルマダダットのロングハウス居住者からなる調査チームが編成されました。