シンガポールのカトリック教会がフェーズ1で個人礼拝を再開

シンガポールのカトリック教会がフェーズ1で個人礼拝を再開

シンガポールのカトリック教会は、32の教会のそれぞれが、6月2日から始まるシンガポールの回路遮断器期間のフェーズ1で、個人的な礼拝のために自分自身で再開することを許可することを決定しました。 ローマカトリック大司教区のコミュニケーションディレクターアンドレアハチャクはCNAに、文化コミュニティ青少年省(MCCY)が許可された教会活動でのボランティアの使用を許可した後に決定されたと語った。 これはその後、6月2日の午後11時のカトリック大司教電信の発表によって確認されました。 「MCCYが2020年6月1日付の教会当局との最新の連絡において、教会がボランティアのプールに従事して、重要なサービスの提供を支援することを許可することに同意したことをお知らせいたします… この変更により、安全な管理に必要なプロトコルを導入できる教会は、準備ができたときに、個人的な崇拝のために開かれます。カトリック教徒は、開会する準備ができているか、および私的な礼拝の営業時間について、それぞれの教区に確認するのは相互的です。」 自分で行く準備ができている個々の教区を許可する Ahchak氏はCNAに対し、MCCYが定めた要件を満たすことができれば、「必要なインフラストラクチャとサポートサービスとスタッフが揃っている」教会を「教区ごとに」個人礼拝に再開できると語った。 このような要件には、安全な管理措置を講じることと、祈りのための規制された入場システムを確保することが含まれます。 これは、フェーズ1の間、教会を閉鎖したままにするという5月27日の決定の逆転です。 5月末の会衆への手紙で、ウィリアムゴー大司教は「ボランティアの助けを借りることは許可されていないため、フェーズ1のためにMCCYによって設定された厳しい条件を完全に遵守することは非常に困難です」と述べました。 安全な対策が講じられていることを確認するのは各カトリック教会の責任かどうかという疑問について、アハチャクは「それはまだ集団的アプローチですが、フェーズ1アプローチでは、それを実行する準備ができている個々の小教区を許可しています自分自身で “。 初期のアプローチに注意 アチャク氏は、MCCYに説明を求めたため、教会はフェーズ1に向けて「最初のアプローチには慎重だった」と語った。 教会のボランティアは今や「必要不可欠なもの」に動員され、個人的な礼拝を支援するために最小限に留められると彼は言った。…