シンガポールのホーカーセンターとウェットマーケットでの電子決済を促進するために1

シンガポールのホーカーセンターとウェットマーケットでの電子決済を促進するために1,000人のデジタルアンバサダーを募集

情報通信大臣、S Iswaranは、本日(5月31日)、Infocomm Media Development Authority(IMDA)の下でSG Digital Office(SDO)の設立を発表しました。 新しい代理店は、ホーカーセンター、ウェットマーケット、コーヒーショップの電子決済システムなど、デジタルプラクティスのコミュニティへの採用を増やすことを目的としています。 2020年6月に1,000人のデジタルアンバサダーを募集 大臣は、SDOが2020年6月末までに1,000人のデジタル大使を募集すると発表しました。 これらのアンバサダーは、企業、コミュニティグループ、一般の人々と協力して、ホーカーセンター、ウェットマーケット、コーヒーショップ、産業食堂のすべての高齢者や屋台を教育し、関連するデジタルシステムと実践を採用するよう奨励します。 フルタイムのスタッフとボランティアで構成されるデジタルアンバサダーは、今年の6月にストールホルダーが112のホーカーセンターとウェットマーケットで電子決済にSGQRコードを採用することを目指します。 政府の目標は、来年6月までにこれらの18,000人の失業者が統一された電子決済ソリューションを使用できるようにすることです。 ストールホルダーへのS $…