シンガポールのマレーシア人母親が自宅で赤ちゃんの母乳を凍結

シンガポールのマレーシア人母親が自宅で赤ちゃんの母乳を凍結

今年コロナウイルスが発生する前は、マレーシアの会計士であるJazerel Seeは、彼女の国の南部のジョホール州と彼女が働いていた近隣のシンガポールの間を定期的に旅行し、両親と生後7か月の男の子の家に週1回帰宅していました。 しかし、マレーシアがコロナウイルスの発生を食い止めるために3月中旬に外国に旅行することを市民に禁止した後、Seeと他の何百人ものマレーシア人女性は、仕事を続けたいと考え、新生児に母乳を与えることができなかった場合、家族から切り離されました。 ソーシャルメディアを介してコミュニケーションを取り、凍結した母乳の供給品を自宅の赤ちゃんに発送するための資金をまとめた、とシーは述べた。 「私たちはすべてのミイラに助けを求め、コストを節約して分かち合おうとしました。牛乳を返送するのはそれほど安くないからです」と32歳のSeeはロイターに語った。 ジョホールバルの町で、母親のワイランモイ氏は次のように述べています。「(私は赤ちゃんが好きです)母親の母乳を飲んでいるのは、赤ちゃんの免疫システムにとって母乳を飲む方が良いからです。仕方。” 推定50万人のマレーシア人がシンガポールに住んでいて、何千人もの人々がジョホールから裕福な都市国家に定期的に通勤しています。 マレーシアは市民の帰国を許可しましたが、2週間の検疫を受ける必要があります。シンガポールで働いている人の多くは、ウイルスの蔓延と職を失うリスクを恐れて戻るのをためらっていました。シンガポールはまた、訪問者を禁止または検疫する3月下旬に独自の制限を設けました。 「もし今マレーシアに帰れば、ウイルスを持ち帰るかもしれない」とシー氏は語った。 「私は、より良い未来を確実にするために、少しの間それを耐えるように自分に言い続けています。」 ジョホール州議会議員のアンドリュー・チェン・カー・エング氏によると、これまでのところ、シンガポールの母親200人から計4回、合計約7000キログラムの牛乳が送られているという。そのような発送はこれまでに行われたことがない、と彼は言った。 「私はCIQ(税関、入国管理、検疫)の担当者と話します。彼らはこれまでにそれを行ったことはなく、農業省、保健省、税関からも、これまでに行ったことはありません。 「彼らは喜んで助けてくれる。」 シンガポールはコロナウイルス感染症の数がアジアで最も多く、主に窮屈な移民労働者の寮での発生が原因で、26,000件を超えています。 マレーシアでは、4月中旬まで東南アジアでの症例数が最も多かったが、縁石が課されて以来、感染の毎日の増加は着実に減少しており、これまでに合計で約6,800人が報告されている。