シンガポールの自動車成長率は2022年1月まで0%にとどまる

シンガポールの自動車成長率は2022年1月まで0%にとどまる

陸運局(LTA)は木曜日(8月13日)に、COVID-19の状況の中、旅行需要パターンが不確実であるため、シンガポールはさらに1年間、車両人口の増加を凍結するだろうと語った。   LTAによると、2022年1月末まで、すべての自家用乗用車および二輪車(カテゴリーA、B、Dに属するもの)の成長の上限は、年率0%のままとなる。 シンガポールは2017年に、自国の自動車やオートバイの車両成長率(VGR)を年率0.25%からゼロに引き下げることを発表しました。   2018年2月から実施されたゼロ成長率は、今年見直される予定でした。   「陸上交通局は、COVID-19の状況下で旅行需要のパターンがどのように変化するかについての不確実性を踏まえ、2022年1月31日まで現在の車両成長率の有効性を1年延長する」とLTAはプレスリリースで述べた。   また、成長率により、シンガポールの自動車人口の増加が「緩和され、シンガポール人の持続可能な生活可能な環境の開発を支援する」ことが保証されると付け加えました。   カテゴリCの商品の車両とバスの成長率は、年率0.25%で変化していません。   LTAは、COEクォータは主に車両の登録解除の数によって決定されるため、現在の成長率の延長がCertificate of…