シンガポールの駐在員が自転車で食べ物を配達し、小児がん基金に収益を寄付します

シンガポールの駐在員が自転車で食べ物を配達し、小児がん基金に収益を寄付します

ウェールズ出身の49歳のイギリス人駐在員が、シンガポールでGrabFood配達ライダーとして登録しました。 彼は正当な理由のためにそれをしているので、彼は塹壕など何もしていませんでした。 通信会社エリクソンテレコミュニケーションズの戦略担当副社長であるアンソニーフーラハン氏は、現在も仕事を続けていますが、チルドレンズキャンサーファンデーション(CCF)への資金調達を急いでいます。 目標は、サーキットブレーカー期間の終わりまでにS $ 100,000を調達することです-終了しましたが、Houlahanは乗り続けています。 18年間ここに住んでいるシンガポール永住者は、それが彼自身の落ち着きのなさ、エネルギーを利用し、屋外でいくつかのトレーニングをする彼の方法であると彼は社会とシンガポールに貢献していると言い、彼は彼に親切であると認めている。 4月22日に開始 フーラハン氏は以前、ストレイツタイムズに次のように語っています。 」 その後、4月21日にブレーカーの延長に関する発表を聞いた後、4月22日に配達を開始しました。 彼は5日間で4,500シンガポールドルを調達しました。 Houlahanは自転車に乗って、夕方と週末に配達を行います。 彼は妻と21歳と23歳の2人の娘がイギリスにいるため、ここに一人で住んでいます。 2週間で、彼はS…