ジャカルタの日本人はコロナウイルスをすぐに捕まえる

ジャカルタの日本人はコロナウイルスをすぐに捕まえる

コロナウイルス(COVID-19)の陽性例は増加し続けており、オフィスから首都の市場にクラスターが出現しています。西ジャカルタ(西ジャカルタ)のグロゴール市場では、健康に関するプロトコルが無視されているようです。 土曜日(2020年5月9日)、08.30 WIB、西ジャカルタのグロゴール市場の状態は非常に混雑しているように見えます。正面玄関前に警備員2人が見えた。 TNI-PolriまたはSatpol PPによって監視されていません。 警備員から提供されたサーモガンがあることがわかります。ただし、バイヤーは温度を確認せずに自由に出入りできます。 市場内では、いくつかの屋台はまだ閉鎖されており、日中のみ営業しています。群衆は多くの屋台、特に肉屋の近くのエリアのマーケットビルの東ウィングで見られました。 1つの屋台は3〜5人のバイヤーが訪れることができます。また、一部のトレーダーはマスクを着用していないか、着用していても首にかけていることがわかりました。 一部のトレーダーやバイヤーも子供を連れてきました。実際、彼らはマスクなしの市場環境でプレイすることが許可されています。 トレーダーやバイヤーに健康に関するプロトコルに忠実であることを思い出させたり監督したりする人はいません。 これまでは、DKIジャカルタ州政府は、COVIDヘルスプロトコルの市場を監督するために州民用機器(ASN)を送りました。 DKIジャカルタ州の地域長官Saefullahはかつて、ASNが市場での健康プロトコルの実施の監視に参加するように求められると述べた義務番号554 / -081を発行しました。 それは知られている、市場はまだ首都のコロナ伝送の中心の一つです。…