ジャカルタは洪水、165人がコロナパンデミックの中で逃亡を余儀なくされました

ジャカルタは洪水、165人がコロナパンデミックの中で逃亡を余儀なくされました

大ジャカルタ地域をフラッシュした大雨は、ジャカルタの多くの地域で居住者の家を氾濫させました。さらに、何百人もの人々がコロナcovid-19ウイルスのパンデミックの真ん中に避難しなければなりませんでした。 DKI Jakarta Regional Disaster Management Agency(BPBD)のデータおよび情報センター(Kapusdatin)の責任者は、Jabodetabekの雨がCiliwung川とPesanggrahan川の2回オーバーフローを引き起こしたと述べました。 さらに、デポックやボゴールなどの他の地域から送られる水もあります。最後に、東ジャカルタと南ジャカルタの8つの都市村の18のRWが火曜日(2020年5月19日)の朝に浸水した。 「水位は10〜200センチメートルとかなり変化している」とInsafは火曜日(2020年5月19日)に連絡したとき言った。 彼は、165人からなる50もの世帯主(KK)が避難しなければならなかったと述べた。 インシャフ氏によると、難民の居住地はカンポンメラユとビダラチナの2つの地区であり、東ジャカルタのバレカンバンの2つの地区にある。 「合計で165人の家族50人を収容できる4つの避難場所がある」と彼は言った。 以下は、氾濫した18のRWの詳細です。 カンポンメラユビレッジ 沈められたRWの数:5…