ジョコウィ:2021年1月、すべての人々にコロナワクチンを投与

ジョコウィ:2021年1月、すべての人々にコロナワクチンを投与

ジョコウィドド大統領(ジョコウィ)は、抗コロナウイルスワクチン(COVID-19)が臨床試験段階に入っていると語った。ジョコウィ氏は、2021年1月にすべてのインドネシア人にコロナワクチンを接種できることを目標としています。 「3番目の臨床試験Insyaallahが6か月で完了することを願っています。1月に、喜んで生産でき、同時に生産の準備ができていれば、国内のすべての人々に直接ワクチン接種できることを願っています」火曜日(2020年10月8日)に大統領官房のYouTubeチャンネルで放送される、西ジャワ州バンドンのコロナ。 BUMNが所有するPT Bio Farmaは、コロナウイルスワクチンの製造に信頼されています。ジョコウィ氏は、バイオファーマは今月最大1億個のコロナワクチンを生産できると語った。 「ワクチンの製造も8月にBio Farmaによって行われた。2020年末までに1億個のワクチンが2億5000万個に増加した。これは、ワクチンが国内のワクチン接種に使用されていることを意味する」とJokowiは述べた。 ジョコウィは、インドネシアがコロナワクチンを3ヶ月間開発していたと付け加えました。コロナワクチンの開発には、分子生物学のためのエイクマン研究所、技術評価庁(BPPT)、インドネシア科学研究所(LIPI)、およびインドネシア研究技術省(Kemenristek)が関与しています。 「インドネシアで流通しているCovidから開発された分離株から独自のワクチンを3か月間開発しました。赤と白のワクチンがすぐに完成し、2021年半ばに完成すると予想されています」とJokowi氏は語った。 SOURCE: DETIK