タイはサルの試験でワクチンの世界的な競争に参

新型コロナ:タイはサルの試験でワクチンの世界的な競争に参

  タイは、2021年までに安価な代替コロナウイルスワクチンが製造されることを期待して、サルの検査を実施していると、トップ研究者が月曜日に述べた。 世界保健機関によると、100を超える候補ワクチンが現在世界中でさまざまな開発段階にあり、 そのうちの少なくとも8つは人間を対象とした臨床試験が行われています。 オックスフォード大学の研究者たちはレースの最有力候補と見なされており、先月チンパンジーに感​​染を引き起こす別のウイルスに基づくバージョンで臨床試験を開始しています。 タイの国立霊長類研究センターの所長であるスチンダマライビジットノン博士は、土曜日にワクチン接種を最初の13匹のサルに行うのを監督し、「タイ製」ワクチンが欧米の薬よりも安くなることを望んでいると語った。 ニホンザルの試験段階は、マウスでの試験が成功した後に行われたと研究者らは述べた。 彼らは、これまでワクチンの製造に使用されたことのない遺伝物質の一種であるmRNAに基づく新技術を使用して、米国のペンシルベニア大学と共同で作業しています。 このプロセスでは、ウイルスの遺伝物質の短いシーケンスを注入して、ウイルスに対して作用するタンパク質を生成することで免疫応答を引き起こします。 製薬大手のファイザー社と米国を拠点とするModerna社の少なくとも2社は同じ技術を使ってワクチンを開発しており、後者は先週の臨床試験で前向きな予備的結果を報告している。 タイは1月中旬に感染を検出した中国以外の国で最初の国でしたが、これまでのところ、3,000人を超える症例と57人の死亡が報告されています。 ニホンザルの検査がうまくいけば、10月に人体試験が始まるはずであると、チュラロンコン大学のチュラワクチン研究センターの議長であるKiat Ruxrungtham博士は述べた。 「私たちの夢は、低所得国および中所得国が私たちの人生全体で買い手をとどまるべきではないということです。」