トゥルンガグンインドネシアの夫は1日9回セックスを求める妻を離婚

トゥルンガグンインドネシアの夫は1日9回セックスを求める妻を離婚

インドネシアのトゥルンガグンで、夫が妻と親密な関係を築くことができなかったために妻と離婚したというバイラルストーリー。妻は1日に最大9回セックスをするように頼んだと言われています この物語は、トゥルンガグン出身の弁護士、モハマドフフロンエフェンディの経験から生まれました。 2019年の終わりに、彼は結婚年齢が1歳未満のカップルの離婚訴訟を扱いました。 「だから私が事件を処理しているのは事実だ。背景を見ると、トリガーの1つは彼の妻が性的過敏であるということだ。そこで、喧嘩が起こったのはそこだ。さて、離婚の材料として使用されたのは喧嘩であり、性的な関係ではなかった。土曜日(2020年8月15日)にdetikcomから連絡。 ハフロンは説明し、カップルは30歳未満です。家庭生活の間、妻の性生活の頻度はより支配的であり、常に彼女の性的欲求を一日に繰り返し満たすことを求めます。 「新しい夫婦にとって、頻度は依然として高い。ジャワ語は「彼らが怒っているなら」という言葉である。今度は、頻度が過度である場合、これは別の問題である。しかし、彼らが戦っていたので、彼らの性的問題については詳細を尋ねなかった。 、それがすべての背景です。「ハフロンは説明しました。 Hufronによれば、離婚届は順調でした。トゥルンガグン宗教裁判所の裁判官団は、夫婦は合法的に離婚するべきであると決定しました。