トコペディア

漏えいで非難された1500万のTokopediaトコペディアユーザーデータ

トコペディアは、このユニコーンが日本人、つまりロッテマートの孫正義のオーナーから投資を受けたときの悪い知らせでいっぱいです。 何千万ものユーザーの個人データが漏洩したとして非難され、オンラインフォーラムで提供されています。 情報はTwitterアカウント@underthebreachによって明らかにされました。 それはハッキングが2020年3月に発生したと述べました、ハッカーが所有するより多くのデータがあったとハッカーが言ったにもかかわらず、これは1500万人のユーザーに影響を与えました。 「データベースには電子メール、パスワードハッシュ、名前が含まれています」と@underthebreachアカウントは説明しています。 懸念されるのは、ハッカーから通知されたとおり、データにソルト情報がない可能性が高いことです。 そのため、ハッカーがパスワードを推測しやすくなります。 そのため、@ underthebreachのチャットに返信した@GilangHamidyアカウントは、ユーザーにパスワードを変更するようにアドバイスしました。 恐れられるので、提供される情報には実際には塩が含まれていません。