トランスの女性が北ジャカルタで焼死

LGBTのトランスの女性が北ジャカルタで焼死

ミラと名付けられた42歳のトランスの女性は、ミラを盗難で告発したいくつかの暴力団員によって、北ジャカルタのキリンチンで焼死しました。キリンチン警察は事件が発生したことを確認したが、事件の詳細を提供することを拒否した。 「私たちはまだ加害者を探しています。私たちが彼らを見つけられるように、私たちのために祈ってください。」キリンチン警察の刑事捜査部門長、Adj。 Comr。ブライアンリオウィカクソノは月曜日にジャカルタポストに語った。 トランスジェンダーアドボカシーグループYayasan Srikandi Sejatiの48歳の活動家であるユニによると、ミラの友人でもあったギャングのメンバーは、ミラがトラックの運転手の電話と財布を盗んだと非難しました。トラックの運転手はミラの家の近くに車を駐車していた。 ミラの別の友人であるオリンは、土曜日の早い時間に事件が発生したときにそこにいました。オリン氏はポストに、近所に駐車していたトラックの非公式の警備員として働いていたギャングのメンバーが、彼女が盗んだと非難した商品を見つけられなかったため、ミラを殴打したと語った。 オリン氏は、ミラを倒した後まもなく、2人の暴力団員が彼女に約2リットルのガソリンを注いだと述べた。「[ギャングのメンバーの1人]はミラに尋ねました、「告白しますか?そうでなければ私はあなたを燃やします」とオリンは言いました。その時点で、ギャングのメンバーの1人がライターをミラに落とし、ミラに火をつけました。 以前は西ジャワのブカシに住んでいたミラは、北ジャカルタに引っ越す前に午後12時に亡くなりました。彼女は土曜日の朝、北ジャカルタのコジャ地区にあるコジャ総合地域病院に入院した後の日曜日に。地元の人々がミラを病院に連れて行き、隣人のヒクマがミラの入院、剖検、埋葬の費用を支払いました。LGBTの権利グループであるArus Pelangiは、ヒクマが被った費用を賄うための寄付を求めています。