バタム島でコロナウイルス陽性の患者3

バタム島病院でコロナウイルス陽性の患者3人が全員死亡

リアウ諸島のバタム島でのコロナ陽性患者の死亡率は75%に達しました。 Covid-19の4人の陽性患者のうち、3人が死亡しました。さらに、コロナウイルスにまだ関連している患者。死亡したモニタリング中の患者(PDP)は4人です。 死亡した3人の陽性患者はすべて、バタムのエンブンファティマ病院のケアで死亡しました。これらの患者が病院の医療チームから最大限のサービスを受けられなかったことが疑われています。 これは、医療チームに見捨てられたと感じたバタムの会社の上司であるジュディ・リスディアントの不満から明らかになった。 「私は無視され、誰も仕えなかった」とジュディは親類への声明で言った。ジュディでさえ、誰かにバタム市長に連絡してこれを伝えるように頼んだ。ジュディはその状態に絶望的なようでした。また、断熱室はとても暑いです。 「誰が(誰が助けることができる)」とジュディは言った。 伝えられるところによると、バタム病院の医療関係者は、コロナ患者と契約することを恐れて、コロナ患者に対処することに消極的です。これは、タンジュンピナン病院やカリムン病院とは対照的です。各病院の1人の患者が回復し、COVID-19は陰性でした。 バタム病院の院長であるアニデウィヤナ博士は、地域病院の施設が不十分であることを認めた。ホットルーム。 ACに代わるものはありません。バタム市立病院は、施設が非常に最小限であることを認めた。そして他の多くの理由。死亡した3人の患者は数日間治療された。最初に死亡した患者は患者01、牧師シンティチェでした。 彼は隔離室で治療された数日後に死亡した。彼は2020年3月22日に19.30 WIBで亡くなりました。 soure:tribun