バタム島の日本企業 バタミンドポジティブコロナ

バタミンドの多くの従業員と会社の労働者 バタム島はコロナウイルスに襲われており、日本人の上司は前向きであると疑われている

Muka Kuning(Batamindo)工業団地の2つの会社の何百人もの従業員がCovid-19にさらされました。バタム市政府がその地域での活動を一時的に閉鎖する措置を講じる場合、別名ロックダウンのオプションがあります。 Batam City Manpower Office(Disnaker)の責任者であるRudi Sakyakirtiは、彼の党はCovid-19の普及に対処するための最良の解決策を探していると述べました。 「方針がタスクフォースチームからのものである場合、今でも私はそれについて話し合い、話し合っている」とルディは火曜日(2020年9月22日)に述べた。 PT Infineon TechnologiesBatamとPTPhilipsの2つの会社で、多くの労働者がCovid-19として確認されていることが知られています。 ルディは、両社がCovid-19の送信を防ぐための措置を講じたと述べた。たとえば、従業員に対して迅速なテストと綿棒テストを実施し、以前に陽性のCovid-19患者と密接に接触することによって。 「ある日、最大700人の従業員を抱えることができます。今週は終わったと思います。この数は1日あたりわずか500人の容量を超えています。そのため、同社は自社でもこのウイルスを制御しようとしています」と彼は語った。 従業員数については、PTフィリップスは現在3,300人、PTインフィニオンは約1,000人であるとルディ氏は語った。 PT…