バタム市からホームレス、 リムチューカンの森に3年間住んだ後

妻と8歳の息子と一緒にリムチュカンの森に3年間住んだ後、シンガポール人はついに家を借りるアパートを借りました

5月12日、コミュニティグループのProject Hillsは、Tok Adi(本名ではない)として知られるシンガポールの墓掘りの窮状を共有しました。 過去3年間、トックアディはリムチュカン墓地近くの森林地帯に住んでいました。 仮設小屋 主に廃棄された合板、キャンバス、その他の廃棄物から作られた、その場しのぎの小屋、彼は彼自身、彼の妻と彼らの8歳の息子のために家と呼んでいたものでした。 彼らの家には水や電気が安定して供給されていませんでした。水を得るために、彼は井戸を掘った。しかし、プロジェクトヒルズのチームが家族を訪問したとき、井戸はすでに干上がっていました。家族は雨水を集める基本的な集水にも頼っていましたが、適切なろ過システムがなかったため、水はきれいではありませんでした。電気の代わりに、家族は電源として発電機を使用していました。 今のところ一人暮らし しかし最近、トック・アディは一人暮らしをしています,プロジェクトヒルズアブドラアハマドのスポークスパーソンは、母船と話して、妻と息子をバタム島に送還したと語った。 彼の妻も息子もシンガポール人ではなく、彼らのビザはまもなく失効します。 「夫婦は近くにいるので、バタムに戻ることは、彼らが離れるので、(彼らにとって)簡単な決定ではありませんでした。」 彼らが離れているので、アブドラは私たちにいつもトック・アディと一緒にいたボランティアが彼にバタムに戻って彼の家族をビデオ通話する方法を彼に教えたと私たちに話しました。 寄付でS $ 10,000を受け取った…