ファーイーストプラザで販売されている偽ブランド品を所持していることで有罪を認める4人家族

ファーイーストプラザで販売されている偽ブランド品を所持していることで有罪を認める4人家族

シンガポール:月曜日(8月17日)、4人の家族が、ファーイーストプラザで販売されている偽ブランド品を所持していることを認め、最大で300%の値上げをした。 54歳のテイスウィーセンと44歳の妻のワンミンダンは、ファーイーストプラザに3つのショップを構え、小売業に10年以上携わっています。建物内の彼らの店は、2018年と2019年に2回襲撃されました。 彼らは王の娘と義理の息子によって管理された極東プラザの4番目の店のための別のリースを持っていました。この事件では、娘の王家文と夫の忠翔栄が共同で非難されている。 裁判所は、テイとワンがオーチャードセントラルのショップで、クリステルファッションという事業で女性のファッションの販売を始めたと聞きました。 Wangは、Cristelle Fashionの3つのショップすべてで販売する商品の注文と調達を担当していました。   年に2、3回故郷に帰るたびに、中国の広州卸売センターから偽ブランド品をまとめて購入したことを認めた。 調査の結果、Cristelle Fashionの各ショップの平均売上高は月額S $ 11,000からS $ 15,000であり、平均月額利益は約S $…