フィンランド、中国から購入したマスクが病院安全ではないことを発見

フィンランド、中国から購入したマスクが病院安全ではないことを発見

中国からフィンランドが購入した200万枚の保護マスクは、病院での使用には不適切であることが判明した、とフィンランド政府は水曜日に認めた。 火曜日にフィンランドの厚生相Aino-Kaisa Pekonenは、中国の広州からのフィンランド航空のフライトでヘルシンキ空港に降ろされた200万枚のサージカルマスクと230,000枚のマスクの最初の出荷の写真をツイートしました。使用。 しかし水曜日までに、当局はフェイスマスクが医療環境で使用するためのコロナウイルスに対する保護の必要な基準を満たしていないことを発見しました。 「もちろん、これは私たちにとって少しがっかりした」と厚生省の書記長であるKirsi Varhilaは記者会見で語った。 しかし、彼女は、マスクを住居介護施設で、そして訪問者が家を訪問するために使用することが可能であると言いました。 フィンランドの準備部門の責任者であるTomi Lounema氏は記者会見で、他のヨーロッパ諸国も「非常に混沌とした」中国市場の市場が原因で機器を注文した後、同様の問題を抱えていたと語った。 「価格は常に上がっており、購入は迅速に行われ、事前に支払われなければならない」とルーネマ氏は語った。 「商業的リスクは非常に高い。」 ここ数週間、スペイン、オランダ、トルコ、オーストラリアは中国で購入したマスクを返品し、中国政府は各国が製品を購入する前に「二重チェック」を行っていないことを示唆しています。 フィンランド政府は積荷の支払額を明らかにしなかったが、水曜日に、コロナウイルスの影響に対抗するための41億ユーロの救済策の一環として、保護具の購入のためにさらに6億ユーロを投入することを発表した。 政府は火曜日に、国内の3つの会社と1日20万枚のマスクの製造を開始するように取り決めたと発表しました。製造は今月末に開始される予定です。 フィンランドは現在、約50万個のサージカルマスクと1日あたり50,000個のマスクを必要としていると当局は水不足を警告している地域もあると語った。…