フェイスシールドはほとんどの設定でフェイスマスクを置き換えることができません

フェイスシールドはほとんどの設定でフェイスマスクを置き換えることができません

6月2日以降、フェイスシールドの使用は特定のグループまたは設定でのみ許可されます。 そのため、家の外にいるときでも、マスクはデフォルトの保護モードになります。 6月2日からデフォルトで使用されるマスク これは6月1日の記者会見で複数省庁タスクフォースによって発表されました。 ガン・キム・ヨン保健相によると、この決定は6月2日以降、人々の間の「コミュニティとのより大きな交流と接触」が予想されるために行われたものです。 「フェイスシールドはある程度の保護を提供しますが、フェイスシールドのデザインは通常、フェイスとシールドの間にギャップを残します。これは、着用者がまだ液滴を堆積していることを意味します。」 保健省(MOH)の医療サービス部長であるKenneth Makは、顔の保護を必要とする「大部分の設定」でマスクをマスクで置き換えることはできないと付け加えました。 フェイスシールドの着用が許可されているグループ ただし、マスクの着用が現実的でない状況では、顔面シールドを着用できます。 これも: 12歳以下の子供。 マスクを長期間着用すると、呼吸困難やその他の医学的問題を引き起こす可能性のある健康状態にある人。 教室や講義形式の環境でグループと話している人々。彼らは話している単一の場所にほとんど留まり、人々から安全な距離を保つことができます。 保健省(MOH)はまた、テレビ放送を行う個人および個人がフェイスマスクまたはフェイスシールドの着用を免除しています。…