ベトナムで世界で最もサディスティックな刑務所、フーコック

ベトナムで世界で最もサディスティックな刑務所、フーコック

フーコックは、この刑務所が世界の地獄と呼ばれるほど、世界でこれまでに存在した中で最もサディスティックで恐ろしい刑務所として知られています。当初1967年にこの刑務所はベトナムの戦闘機を収容するために建設されましたが、この刑務所は共産軍を収容するためにフランスに作られました この刑務所が地球の地獄であると言われるほどひどい理由を誰かが尋ねた場合、その答えはこのフーコック刑務所で使用された方法によるものです。囚人は容赦なく拷問されるからだ。与えられた拷問は、パンチ、キック、熱いリード線での乾燥、そして撃たれることさえありました。 どうやって?想像するだけでもひどいですよね?目が見えなくなってライオンの檻に入れられた囚人もいた。幸いなことに、この刑務所は1967年から1973年までのみ運営されていました。それ以外の場合、恐怖は続きますよね?   私の意見では、この刑務所での拷問はひどいですが、過去にはそこには人権がなかったので、他に何ができるでしょうか。しかし、今日の刑務所と比較すると、それはあまり比較できません。今日の刑務所は一時的な家のようなものだからです。刑務所での現在の方法がフーコック刑務所での方法と同じであれば、刑務所に行きたがっている人はたくさんいると思います。 ベトナムのフーコック刑務所の様子を知りたい場合は、ベトナムに行くだけです。 1993年以来、フーコック刑務所はベトナムによって歴史博物館になっているからです。