ベトナムは1月下旬以来コロナのケースで最大の毎日のジャンプを報告します

ベトナムは1月下旬以来コロナのケースで最大の毎日のジャンプを報告します

ハノイ:ベトナムの保健省は金曜日(7月31日)に、ダナンの中心都市での最近の発生に関連する45の新しいCOVID-19症例を報告し、1月下旬に国で最初の症例が現れて以来、毎日最高の増加を記録しました。 27歳から87歳までの新しい患者は、4つの病院とダナンのホテルに関連付けられています。先週の土曜日にウイルスが再浮上して以来の総感染は93に達したと文部科学省は声明で述べた。 ベトナムは合計509例のウイルスを登録しており、死亡例はありません。国はウイルスの再出現の前にローカル伝染のケースなしで100日を記録しました。 ベトナムはハノイの首都で大量コロナウイルスの検査を開始し、経済ハブでの集会を禁止し、国が3か月以上で最初の発生を阻止するために奪い合ったため、数万人の国内旅行者に木曜日に当局に報告するよう促しました。首都ハノイでの実験では、経済ハブでの集会を禁止し、国が3か月以上で最初の発生を阻止するために奪取したため、数万人の国内旅行者に木曜日に当局に報告するよう促しました。 ウイルスの新たな波が何日もかけて6つの都市や省に広まった後、7月に人気の沿岸都市であるダナンを訪れたすべての人に前進を促すため、国の9500万人が使用するすべての携帯電話にテキストメッセージが送信されました。 ハノイの統治体は、最近ダナンから戻ってきた21,063人の住民のテストを開始しました。 南部の商業の中心地であるホーチミン市は木曜日、ハノイに続き、娯楽施設を閉鎖し、集会を禁止した。 最新の対応は、ベトナムが1月下旬以来、コロナウイルスの集計数を509件に留め、致命的ではなかったことを称賛した集中型検疫プログラムと積極的なテストおよび連絡先追跡システムと一致しています。 ダナンでは厳格な封鎖が行われ、旅客機は15日間停止しました。