ペディカブはコロナパンデミックの中で飢饉とされる皇帝東光で亡くなりました

ペディカブはコロナパンデミックの中で飢饉とされる皇帝東光で亡くなりました

人力車の運転手は、日曜(2020年5月10日)の09.40 WIB頃、バニユマス州南プルウォケルト地区プルウォケルトキドゥルのGerilya道にある店の突き出たところで亡くなりました。 人力車ドライバーの遺体は、Akhmad Supriyono(37)という名前の警備員によって発見されました。 幼虫の運転手の遺体を見つけた後、スプリヨノは最寄りの警察署に報告した。 キャリブレーションを調査すると、スプリヨノは南西部(66)のペディカブドライバーで、ジャランプラムカRT 02/4ケルラハンプルウォケルトクーリン、プルウォケルトセラタン地区に居住していることが判明しました。 店員はすぐに家族と連絡を取った。チェック後、家族は故人がSWであることを確認しました。 家族は、SWが毎日1人の行商人として働いていたと説明した。 月曜日(2020年5月11日)、イナフィス警察Banyumas、Heriana、およびサウスプルウォケルトヘルスセンターの医師が南西部の遺体を調べたところ、虐待やその他の暴力の兆候は見られなかったとされています。ペディカブの運転手が病気と飢餓で亡くなったという疑惑が浮上した。 その後、警官は完全な個人用保護具(PPE)を使用して人力車ドライバーの身体を避難させました。これは、コロナにさらされた犠牲者の可能性を予測する手段として意図されています。 人力車ドライバーの遺体は、Margono Soekardjo Purwokerto地方病院に運ばれ、埋葬される前に浄化および懲戒処分を受けます。