ポレン

なぜバリの人々は大きな木の幹を白黒の小さな市松模様の布で覆うのが好きなのですか?

黒と白の市松模様の生地,  それは、poleng ポレンまたはsaput サプツのpolengポレンと呼ばれます。 自然のバランスの象徴。 Saputは、包まれた布を意味します。一方、polengは、自然のバランスであるRwa Bhinedaの象徴である白黒を表す用語です。 この宇宙には、白黒、高温、低温、良好、不良、昼と夜、浮き沈み、死のような矛盾する2つのことが必ずあります。 どちらも矛盾していますが不可分です。 両者のバランスを保つことで、豊かな暮らしを生み出すことが期待されます。 そのコンセプトは陰陽のようなものだと思います。 この布は通常、木、彫像、またはアーチに適用されます。 地元の人々の考えでは、この布の使用は、尊敬と保存に値する物体に「エネルギー」が置かれていることを示すものです。 さらに、pecalangペチャラン(バリの伝統的な警察)など、特定の人々が使用するものもあります。