マレーシアが輸入された症例を報告した後、東ジャワ寄宿学校は急速なコロナ試験を受けます

マレーシアが輸入された症例を報告した後、東ジャワ寄宿学校は急速なコロナ試験を受けます

東ジャワのマゲタン政権は、月曜日にテムボロイスラム寄宿学校(ペサントレン)でコロナの迅速なテストを実施し、学校から戻ってきた数十人のマレーシア人学生がコロナウイルスに感染したとの報告を受けた。 マゲタンリージェントスプラウトは月曜日に、「今朝の報告書に関する会合を開く。会合が開かれている間、一部の当局者はペサントレンで迅速なテストを実施する」と述べた。 マレーシア保健省は前日、最近テムボロから帰国した43人の学生からコロナの新しいクラスターが出現したことを発表しました。 「新しいクラスターは4月16日にクアラルンプール国際空港で発見された」とマレーシア保健省の保健局長であるNoor Hisham Abdullahは日曜日の毎日の記者説明会の間に言った。 彼は、34人の学生が現在マラッカで隔離され、他の9人がクアラルンプールで扱われていると付け加えました。 日曜日に、Magetanリージェンシーはコロナレッドゾーンと宣言され、10症例が報告されました。東ジャワはこれまでに合計555件の事件を記録している。 Worldometerが発表したパンデミックデータによると、インドネシアの検査率は依然として非常に低く、100万人あたりの検査数は136にすぎません。 隣接するマレーシアとシンガポールのテスト率は、それぞれ100万人あたり2,988と16,203です。