マレーシアのハンバーガー売り手の話

マレーシアのハンバーガー売り手の話

クアラルンプールの南約30 kmの町、バンギにある道端のハンバーガーストールには、「神ウサハワンOKU(私たちは障害者起業家)」と書かれたシンプルな看板があり、コミュニケーション方法を変える必要があることを示しています。 注文書を書くための本がテーブルの上にあります。この本は非常に頻繁に満杯になり、数週間に1回交換されます。 アリスバーガーストールの担当者は、聴覚障害者で言語障害のある31歳のファリドザイヌディンと20歳のイッザムアザハールです。 セランゴール州のクラン出身だった彼らは、次の食事を買うお金さえなかったときに、休憩をとる機会を求めて高低を見ていました。 彼らの起業家的な旅は、参加者がArisprop製品を販売するためにArisprop Holdingsが運営する起業家プログラムに出会った2019年11月に始まりました。 その運用および事業開発マネージャーのNajib AbdullahはCNAに、2人の若者が突然チームに接近したと語った。 「私が彼らが聞いたまたは参加したプログラムを本当に覚えていませんが、11月の終わりに、彼らからWhatsAppメッセージを受け取りました。 「テキストは非常に紛らわしく、後で私はそれらが耳が聞こえず、音声障害者であることがわかりました。彼らは私たちに仕事の機会を求め、そして私たちの旅を始めました」と彼は言った。 ナジブは2人の男性を愛情を込めて話し、彼らが彼の会社が若い起業家のためのプログラムを開始して以来彼が会った最も誠実で勤勉な男性の一人であると共有しました。 彼らの身体的な困難にもかかわらず、ナジブはファリドとイッザムの両方が非常に断固とした若い男性であると共有しました。 「彼らが私たちにアプローチした方法-彼らは私たちに仕事を求めました。財政援助や何かのためではありませんでした。 「それで、なぜそうではないのかと考えました。そのため、私たちは彼らが12月3日に屋台を設置するのを手伝い、彼らに開始を許可しました。…