マレーシア人男性、洗濯機で猫を殺害した後拘束

マレーシア人男性、洗濯機で猫を殺害した後拘束

30代のマレーシア人男性が3匹の猫を洗濯機に入れて殺したとして逮捕された。 この事件は、日曜日(2020年7月12日)にセランゴール州ケポンのプリアマン村にある洗濯(ランドリー)で発生した。 セランゴールネガラマレーシア(DVS)動物サービス部の調査官は、死んだ猫の体を取り、さらなる調査のためにシャーアラムセランゴールのDVSフォレンジックラボに持ち込みました。 このケースは、女性が洗濯機の1つを開けたときに死んだ猫を見つけた後に明らかにされました。 「女性は、当局によって迅速な行動をとるようにエサンパーク警察署に報告した」と彼はMetro Dailyに語った。 事件は7月12日の午前5時30分頃に発生し、CCTVの映像に示されているように、容疑者が1匹の猫を洗濯機に入れているのが見られました。 マレーシア動物協会は、3人の加害者が関与した最初の事件が2018年9月に発生した後、これは洗濯機を使用した猫の殺害を含む2番目の事件であると述べた。 協会は事件の目撃者に、この事件についてもっと詳しい情報があるかどうか警察に報告するように求めた。 「事件を見たと主張した目撃者とCCTV映像を持っているdobi店の所有者は、事件を警察に報告してから、マレーシア獣医局(DVS)部門に報告を拡大するよう要請されました」と、彼らは7月12日にFacebookに投稿しました。 死んだ猫の写真や容疑者の写真も投稿に含まれています。 事件の目撃者は、DVS規制ユニットが現場で調査に来るまで死んだ猫を警戒するように求められました。この証拠は、起訴の強力なケースを確立するために重要だったからです。 動物保護機関は、犯罪者が最大3年の懲役と最大100,000マレーシアリンギットの罰金に直面する可能性がある2015年の動物福祉法に基づいて事件を調査することを望んでいます。