メッカ巡礼のために25年を節約して、このテンペトレーダーは苦い現実を受け取ります

メッカ巡礼のために25年を節約して、このテンペトレーダーは苦い現実を受け取ります

2020年はスワードリ(63)とジエムの妻(64)にとって幸せな年になるはずです。彼が四半世紀前から巡礼を行うことであるイスラムの五柱を完成させることができるように彼が待っていた時だったので。 しかし、宗教大臣のFachrul Raziの発表がCovid-19のパンデミックのために巡礼者の出発のキャンセルを今年宣言したので、夢は衰えました。 水曜日(2020年3月6日)、スラーゲンリージェンシー、ゲモロング地区のペレマンビレッジRT21、バカランビレッジの自宅で出会ったとき、スワーディは政府の情報を聞くことに失望していました。 「政府からの情報を聞いた後、covid-19がようやく延期されたため、私が今年去ることができるはずだった巡礼。はい!がっかりしたが、それ以外は何と言っても、これは政府の政策だ」と述べた。 スワーディ氏によると、巡礼を行う彼の意図は、25年前から、ゲモロングマーケットでテンペを販売した結果、そして最愛の妻と農業をしていた結果からルピアのためにルピアを集めることから始まりました。 実際、メッカ巡礼巡礼を行うために、彼らは2011年に民間銀行の1つでメッカ巡礼資金調達プログラムに参加しました。 「私と私の妻は25年間、ゲモロングマーケットと農場でテンペを販売しています。私はそれを少しずつ売ることの利益を別にしました。最終的に私がメッカ巡礼の救済基金に参加するために民間銀行でプログラムに参加したのは、それほどではないからだ」と述べた。 しかし、高貴な意図は想像されたほどではありませんでした。夢を実現するために様々な障害にも直面しました。 「巡礼をするつもりだった後、多くの障害を感じました。倒産するビジネスから始まり、それがほとんど機能しなくなるまで」と彼は付け加えた。  苦い経験は今や再び感じられますが、ビジネス分野ではありません。スモディは現在、ゲモロング地区に110人の人々がいる聖地に行くことができるように辛抱する必要があります。 当初は非常に希望が持てますが、今年は巡礼を続けることができます。彼はついにあきらめ、他の巡礼者候補たちに確固たる態度を示し、政府の決定を受け入れるように安心した。 一方、宗教省(Kemenag)のSragen Hanif Hanani事務局長は、毎年メッカ巡礼を登録しているSragenの居住者は3,000〜4,000人であると述べました。今年の中央命令の後で、スラーゲンからのほぼ1200人の巡礼者が遅れた。…