ラマダン中に帽子をかぶった強盗、ミニマーケットのレジ係は鎌に切り倒されました

ラマダン中に帽子をかぶった強盗、ミニマーケットのレジ係は鎌に切り倒されました

南タンゲラン市(タンセル)のスルポン地区、ブアラン地区にあるミニマーケットの1つで暴力的な強盗が再び火曜日(2020年5月19日)に発生しました。 しかし今回は、ミニマーケットの従業員の1人であるAfan(20)は黙っていませんでした。彼は強盗と戦った。この決闘では、強盗は鋭利な武器として鎌を使用しますが、アファンは素手だけです その結果、アファンの指は鎌の鎌の受け流しによる傷に耐えましたが、壊れませんでした。 「強盗は犠牲者を引き起こさなかった。強盗は抵抗することに決めたミニマーケットの従業員によって首尾よく阻止されました。その後、加害者は逃亡し、「Bantennews.co.id-Suara.comネットワークによって報告されたように、セルポンの警察署長AKP Supriyantoは言った。 スプリヤントによれば、警察は現在も犯罪現場を調査している。伝えられるところによると、強盗とのmininarket従業員の戦いが原因で壊れたガラス店がいくつかありました。 一方、現場では、アファンの妻であるユニ(19)は、夫の病人強盗との決闘についての情報にショックを受けたと主張した。 「人差し指の傷。彼はホワイトビートのオートバイを使用して、2人の加害者を言った。略奪する時間はありませんでした。その時、私の夫とアルディは彼の友人でした、「ユニはその場所で続けました。 ゆに続いて、黒い帽子をかぶってアクセントがベタウィのように話す2人の加害者がいます。現在、ミニマーケットの強盗犯を追跡している警察官。