中央統計局

パプアはまだインドネシアで最も貧しい州です、なぜですか?

中央統計局(BPS)は、16の地域の貧困率は依然として高く、全国平均の9.22%を上回っていると指摘しました。最高の貧困率はパプアと西パプアで発生します。 「パプアは依然として貧困率が最も高く、貧困率は26.55%です。続いてウェストパプア(21.51%)、「BPSのスハリヤント長官は水曜日(1/15)の記者会見で語った。 パプアと西パプアに加えて、全国平均を超える貧困の割合も20.62、マルク17.65、ゴロンタロ15.31、アチェ15、01、ベンクル14.91、NTB 13.88に達しており、中央スラウェシ13.18パーセント。 さらに、南スマトラは12.56、ランプン12.30、ジョグジャカルタ11.44、南東スラウェシ11.04、西スラウェシ10.95、中部ジャワ10.58、東ジャワ10.20パーセントでした。 dahは3.42%のDKIジャカルタです。その後、バリと南カリマンタンの貧困率は3.61パーセントと4.47パーセントでした。 2019年3月から9月にかけて、彼は続けて、貧しい人々の割合が最も減少したのは6つの州でした。 6番目は、パプア(0.98パーセントポイント)、NTB(0.68)、西パプア(0.66)、NTT(0.47)、ベンクル(0.32)、およびランプン(0.32)です。 一方、割合が増加したのは1つの州、つまり北マルクのみが0.14パーセントポイント高く6.91パーセントでした。 「州の貧困率が高いと、すでに割合が10%を下回っている州よりもはるかに速く減少し、ずっと遅くなります」と彼は言いました。 さらに、スハリヤントは、貧困の問題は貧しい人々の数と割合だけでなく、貧困の深さと深刻さでもあることを思い出した。 「(貧困)がより深いということは、それをより困難にすることを意味する。理想的には、深度は時々減少します」と彼は言いました。 BPSの記録に基づくと、貧困度指数は2019年3月の1.55から2019年9月の1.50に低下しました。同じ期間に、貧困度指数も0.37から0.36に低下しました。 当初の公開12th February…