仏教の悪魔のお金はシンガポールで捨てられます

仏教の悪魔のお金はシンガポールで捨てられます

旧暦の7か月目が近づいてきました。中国の信者たちは、亡くなった人への敬意を払うことの一環として、線香と紙を燃やし始めました。 しかし、地元のブロガーのベンジャミンリー氏が指摘したように、町の不動産業者は、7か月のシーズン中に、公共スペースに散らばって置き去りにされた未燃の供物を片付けるので、家事が増えました。 ベテランのブロガー(彼のモニカーである宮城氏によってよりよく知られています)は水曜日(8月19日)にFacebookに強い言葉で書かれた投稿を投稿しました。整理整頓[シック]」。 彼の投稿に添付された写真は、専用の燃えているコンテナの近くの地面に散らばった大量のジョス紙を一掃しようとする孤独な掃除人を描いたものです。 宮城さんの立場は変わったものの、供物が焼かれずに地面に散らばっているのには理由があるとコメンターが告げたとき。その後、ブロガーは彼が学んだことを反映するように投稿を更新しました。 一部の信者は、ジョス紙を空中に投げることは伝統の一部であると信じていますが、道教連盟、シンガポール仏教連盟、およびワットアナンダメチャラマは長い間、そのような慣行は必要ないことを認めてきました。 2014年までさかのぼって、宗教活動家で道教の司祭であるChung Kwang Tongは、供物を燃やすときに責任を実践するよう人々に呼びかけました。 祈りの最中に白いジョスペーパーの長いストリップを投げないでください。これらは潜在的な火災の危険性がある可能性があるためです。これらの紙を地所のあちこちに置いておくことは非常に見苦しく無責任だ」と彼は書いた。 さらに最近では、シンガポール仏教連盟崇高なるシー・ユー・グアン議長(総務)も同様の声明を発表し、献身者には紙を空中に投げ捨てないように求めた。 「あなたがこれをすべて自分で掃除しない限り、掃除人があなたの後に掃除をしたとき、掃除人がどのように感じるかについて考えてください」と彼は木曜日(8月20日)に投稿しました。 儀式について明確にするように求められたとき、修道士はジョス紙を投げる必要がないことを確信し、代わりにそれらをバーナーに投げ入れるように助言しました。   source:…