何百人もの市民がバタム島のコロナに無料のデマを偽り

何百人もの市民がバタム島のコロナに無料のデマを偽り

正確には消防署の前のリアウ諸島、バタム島のセイパナスの馬の彫刻エリアには、金曜日(2020年4月17日)の10:30 WIB頃に何百人もの住民が集まりました。居住者と居住者への無料の食品パッケージの配布とオンラインバイクタクシーの運転手に関する情報を受け取った後、居住者はこの地域にやってきた。コロナのパンデミックの真っ只中に、住民は基本的なニーズを待っています。 これらの場所には、ほとんどが母親で構成されている居住者が子供を連れて来ており、オンラインバイクのタクシージャケットを着ている男性が群がっています。 しかし、最近では、食料品の流通に関する情報は大げさです。警察は拡声器を使って住民に直ちに散布するように求めた。 警察は、「すべての人に家に戻り、マスクを着用し、距離を保つようにお願いします。食料品の配布を男性と女性のたまごに発表しました」と述べた。警察の説明を聞くと、突然、住民たちは炎症を起こしました。彼らはデマ情報を広めた人々を非難しました。 「ほんとうに(作る)脳が本当にない、私は惨めであることを誓う」と主婦は感情的に言った。