北スマトラアサハン

北スマトラアサハンの16頭の牛がコロナウイルスの発生中に死亡

北スマトラ、アサハン、エークソンソンガン地区のエークソンソンガンの村にある米国所有のアブラヤシ農園で、土曜日(2020年4月4日)に合計16頭の牛が死亡した。暫定的な推定では、牛は草や昆虫に噴霧された毒物で死亡しました。 「草毒を使用するか、昆虫を使用するか。次に知っていることは、多くの動物が死亡したことです。中毒は実際に終了したことが判明しました。毒は散布されたため、一時的に終了しました」 Dwiによれば、牛は食物を見つけるために意図的に解放されました。この場合、牛の死因についての情報を得た後、牛の飼い主は警察に通報しません。北スマトラ食品畜産局の動物衛生課長であるムハイミン氏は、アサハンのエークソンソンガン地区のアブラヤシ農園で16頭の牛が死亡したことを確認した。 彼によれば、サンプルは研究室に持ち込まれるために取られました。これは、これらの動物の死因についてのさらなる情報を確実にするためです。 「サンプルは次のオフィス、メダン獣医センターの研究室に運ばれた。我々は最初に結果を待っている」とムハイミン氏は語った。 source: Kompas