北マルクでデング熱で少なくとも6人が死亡なせですか

北マルクでデング熱で少なくとも6人が死亡なせですか

今年、これまでに少なくとも6人が北マルクでデング熱で死亡しています。今年の第1四半期の北マルク保健局のデータによると、死者は1月3日から3月3日まで州の3つの県で記録されました。当局の疾病予防および管理責任者であるロジータアルカティリは土曜日、モロタイ島摂政で3人の死者が西ハルマヘラで2人、北ハルマヘラで1人が死亡したと報告した。州は、今年の最初の3か月で175のデング熱の症例を記録しました。 「1月には67人の患者、2月には77人、3月には31人の患者がいた」と北マルクの新型コロナタスクフォースのスポークスパーソンであるRositaは、通信社Antaraに語った。 蚊が媒介するウイルス性疾患であるデング熱の1,195症例が2019年を通じて州で記録され、16例が致命的であったと彼女は付け加えた。 「北マルク州の人々に、特に新型コロナの発生時に活動が最小限に抑えられる学校や礼拝所では、デング熱の数を抑えるために、貯水コンテナを閉めるか排水することにより、清潔さを維持し、蚊の繁殖地を根絶するように助言しています。事件」と彼女は言った。 さらに、新型コロナのパンデミックの間、病気の蔓延を抑えるために家にいるように呼びかけました。