北ルウは、月曜日(2020年7月12日)にパナクカン地区のジャランAPペタラニにあるマカッサルマクドナルスコンセントを爆破すると脅迫した後、マサンバのMH(35)が警察に確保された。 その夜、MHは一般の来場者のようにブースに入りました。メニューを注文する代わりに、従業員に立ち向かったMHはすぐにマクドナルドを爆破すると脅迫しました。

マカッサルの男性がイタリア製のコロナを呼び出すと、マクドナルドを爆破すると脅迫される

北ルウは、月曜日(2020年7月12日)にパナクカン地区のジャランAPペタラニにあるマカッサルマクドナルスコンセントを爆破すると脅迫した後、マサンバのMH(35)が警察に確保された。 その夜、MHは一般の来場者のようにブースに入りました。メニューを注文する代わりに、従業員に立ち向かったMHはすぐにマクドナルドを爆破すると脅迫しました。 従業員に対して、MHはコロナはイタリアの行為であり、マクドナッドもイタリアに属していると述べました。 それを言った後、MHはブースを出て、そしてその場所をオートバイに残しました。 脅威に耳を傾け、ファーストフード店の従業員と訪問者はすぐにパニックになりました。 「コロナはイタリアの行為であり、これはイタリアに属し、爆撃されると脅迫することでテロを犯した」と南スラウェシ警察広報委員会委員のイブラヒム・トンポは水曜日(2020年7月15日)に確認した。 その場所に来る警察は、CCTVの映像をチェックします。レコーディングでは、MHがブースに入るのが見えた。 長く待たないでください。 MHは、マカッサルのJalan Urip Sumoharjoにあるモスクの1つで逮捕された。 警察に、彼は外国の製品が好きではなかったので、彼はブースを爆破すると脅したと言った。 イブラヒム氏は、「外国製品を嫌うため、加害者の動機が懸念されているとみられる」と述べた。現在、MHはまだ警察署で検査を受けています。 s:kompas