国が世界で最も高価なアルコールをどこに持っているか

国が世界で最も高価なアルコールをどこに持っているか

バーレーンは飲むには高価な場所です。世界銀行が最近発表した購買力平価データによると、バーレーンのアルコールは世界平均より345%高くなっています。 ペルシャ湾岸のアルコール高値は、さまざまな要因によるものです。この国では、ホテル、リゾート、一部のセレクトストアでのアルコール購入のみが許可されており、イスラム教徒への販売は禁止されています。これは競争を制限し、顧客顧客への販売を制限します。国はまた、アルコールの輸入に125%の関税を課します。最後に、バーレーンは主に食品や飲料の輸入に依存しており、ほぼすべての種類の食品の価格が平均を上回っています。 データは、世界銀行からの価格に関するデータを収集する世界銀行の国際比較プログラムからのものです。それを管理している経済学者の灘はだめによると、これは約200か国を含む世界最大の統計プログラムです。このプログラムのデータにより、研究者は国全体の生活費を理解し、国間の富と貧困を適切に比較できます。アルコール価格は、世界銀行が価格レベルを収集する47の支出カテゴリの1つにすぎません。一部の国の統計局が世界の他の地域と比較できるアルコール価格データを収集していないため、世銀は167か国のアルコール価格のみを推定しています。 アルコールのコストは、国での生活費全体と高い相関があります。バミューダ、アイスランド、オーストラリアのような高価な国も、飲むのに高価な場所です。これは、人件費の高い場所でビールやハードリカーを製造して販売することは、一般により多くの費用がかかるためです。 バーレーンはこのルールの例外です。全体的にそれほど高価な国ではありません。商品やサービスの価格は世界的に25%低くなっています。国のアルコールの高価格は、貿易、地方税、社会政策など、人件費以外の要因が顧客の支払い額をどのように決定できるかの一例です。対照的に、ドイツのアルコール価格は、全体の価格が25%高くても、世界平均より23%低くなっています。ドイツは低税率と大規模な国内生産を組み合わせているため、破産者の夢となっています。 source: quarts