地元民の代表審議会

地元民の代表審議会メンバー全員が3か月間75%の給与を寄付し、人々がコロナウイルスに直面するのを助けます

DPRD: 地元民の代表審議会, DPD:地域の代表組, PPD:個人用保護具 リゴルカルパーティーの幹部、幹部、立法府は、神の島でコロナまたはコビッド-19ウイルスに対処する際のコミュニティの負担を軽減するために人道的使命と社会的使命を遂行することの真剣さ、全体性、誠実さを本当に示しています。 実際、バリのDPRDとリージェンシー/シティDPRDのメンバーを務めたすべてのゴルカー幹部は、コロナウイルスへの対処に役立つ寄付の75%を誠意を持って支払っています。 Injは、自主的に共同イニシアチブと合意について、命令なしに行われます。 ゴルカルカウンシルメンバーの給与に対する75%の手当は最低額であるか、少なくとも次の3か月間、つまり2020年4月、5月、6月に実行されます。 「今後3か月間、4月、5月、6月から、バリDPRDのすべてのゴルカル派のメンバーとリージェンシー/シティDPRDに、Covid-19を処理するための給与援助の75%を確保するよう義務付けることに合意しました」とバリ州政府のゴルカー党DPDの議長は述べた。ニョマンスガワコリー。 これは、PPD(Personal Protective Equipment)ゴルカルパーティーDPP支援が、リージェンシー/シティゴルカルパーティーDPDに降伏した後、水曜日(2020年8月4日)に州のゴルカルパーティーDPDオフィスでバリで伝えられました。 その後、このPPE支援は、コロナウイルスまたはコビッド19ウイルスのパンデミックへの取り組みにおいて最前線にいる医療関係者を保護するために、バリで必要とされているPuskemas病院に提供されます。 このAPDの支援は、I Gede…