外国人がインドネシアに行くことを禁止しない

コロナウイルスの武漢中国があるにもかかわらず、外国人がインドネシアに行くことを禁止しない理由

インドネシア政府は、2人のデポック市民がコロナウイルスに陽性であるとテストした後、インドネシアに入国する外国人(外国人)を禁止しません。コロナウイルスに感染したのは、日本人と契約した後の母親(64)と娘(31)です。 「制限はありません、いいえ」、月曜日(2/3)、ジャカルタの彼のオフィスでテラワン・アグス・プトラント保健大臣は言った。 保健省の疾病予防管理局長のアヌン・スギハントノは、これまで日本への通知はなかったと述べた。 「今まで、私たちは日本に通知していませんでした」と同じ場所でアヌンが言いました。 さらに、Terawanはコロナに感染した2人が健康であることを明らかにしました。現在、両方ともRSPI Sulianti Sarosoで治療を受けています。 「条件は良好です。つまり、発熱がなく、息切れがなく、食事も良好です」とテラワンは言いました。 「あなたと同じように健康で、質問をすることができ、座ることができ、笑顔で過密ではなく、良好な血圧、良好な脈拍、発熱、吐き気、下痢はなく、病気ではありません」意図した。 エラワンは、彼の党が二人の状態に関する情報の発展を伝えようとすると付け加えた。彼は、患者と病院によって許可されればそれが行われたと説明した。 「明日、患者が私たちに暴露を続けることを許せば」と彼は言った。 ジョコ・ウィドド大統領は、以前、インドネシアの2人の市民がコロナウイルスに陽性の日本人と接触したと述べました。両方がウイルスにさらされました。 「インドネシアに行ってマレーシアに住んでいた日本人がいます。そこで確認するとコロナにポジティブであることが判明しました。インドネシアのチームはすぐに検索しました」とジョコウィは言いました。 当初の公開4th March…