大ジャカルタにおける公共交通機関の使用がコロナパンデミックの間に急落:BPTJ

大ジャカルタにおける公共交通機関の使用がコロナパンデミックの間に急落:BPTJ

交通省の大ジャカルタ交通局(BPTJ)がまとめた報告書によると、大規模な社会的規制(PSBB)が実施される前でさえ、コロナの大流行の間、大ジャカルタの公共交通機関の使用は急激に減少しました。 BPTJのPolana B. Pramesti局長は、特にジャカルタは公共交通機関の大衆ユーザー数の大幅な減少が始まった3月に交通規制を含むさまざまな規制を開始したと述べた。 「私たちは最近、ジャカルタ大都市圏全体の交通機関との調整に非常に集中しており、彼らの現地モニタリングの結果、公共交通機関の乗客数が減少していることが示されています」と、ポラナは月曜日に書かれた声明で述べました。 彼女が言ったのは、同市が運営するバス事業者が1日の平均乗客数が1日の約840,000人から1日あたり550,000人に達した3月以降、トランスジャカルタの乗客数が減少したことです。同社は、2月に1日あたり100万人の乗客を達成したという独自の記録を破りました。 4月の前半、COVID-19の大流行が首都を襲った後、その数はさらに1日あたり83,000人にまで減少しました。 乗客の減少は、国営の鉄道会社PT Kereta Api Indonesia(KAI)が提供する通勤線サービスでも発生しました。4月には1日あたり約183,000人の乗客しか記録されませんでした。 。 市が所有するMRTジャカルタも同様の問題を抱えており、国の最初の地下鉄サービスは4月に1日あたり約5,000人の乗客を記録し、3月の1日あたりの約45,000人と1月の85,000人から劇的に減少しました。 一方、別の都市所有の輸送サービスLRTジャカルタは、3月の以前の1日あたりの2,000人と1月の3,800人から、4月の1日あたり約264人しか運びませんでした。 ポラナ氏は、首都圏外の公共交通機関の乗客数に関するデータはまだ得られていないが、フィーダーによって各地域に輸送される乗客の数も大幅に減少したと述べた。…