夫が妻を殺し

インドネシア,夫が妻を殺し,毎月3800万ルピアが9年間送られていても経済は変わっていないと疑う

夫と妻の事件は金曜日(2020年7月31日)に再びインドネシアで起こった。 今回はジョンバンの夫である東ジャワは、9年間米国に帰国した妻を殺すことができました。 Sは彼の妻SI(48)をなたで殺した。 警察はついに加害者によって保護されるべきだった女性の殺害の背後にある動機を明らかにした。 ジョンバン警察広報部長、AKP Hariyonoが明らかにした、S(49)の加害者はイライラしていると主張し、彼の妻がアメリカを離れる彼の出発の間に浮気をしたと疑った。 「(動機)最初はロマンスのため(嫉妬)そして次は経済的動機のため」とハリヨノ氏は月曜日(2020年3月8日)にジョンバン警察本部でプレスリリースを行ったとき言った。 •盲目的に突き刺した後、殺害の加害者は血まみれの犠牲者を残す •ペリカンASL船悲嘆の殺人被害者の家族、メイフスヌルコティマ 殺人事件は金曜日(2020年7月31日)、ジョンバン県、モジョワルノ地区のRejoslamet村で発生しました。 ハリヨノはSが9年間アメリカに移住したと説明しました。 彼は約4か月前に家に帰っただけです。 アメリカにいる間、犯人は日常的に彼の妻にお金を送ります。 Sが海外から帰国したとき、彼の家で何か変わったことを発見しました。 彼の資産は彼の妻に送られたお金の価値はありません。…