妻の癌治療費用に5000万ルピアの援助が提供され、そのお金は夫やバイクや牛の夫にも使われた

妻の癌治療費用に5000万ルピアの援助が提供され、そのお金は夫やバイクや牛の夫にも使われた

驚くべき声明は、中部ジャワのボヨラリで癌に苦しんでいるキネムの夫からのものでした。キネムの夫であるナーサムは、援助金を受け取っていないと簡単に述べた後、彼の声明を明らかにした。どうやら援助金は受け取って、彼が使っていたようです。 「寄付者、私のボランティアは私の過ちをお詫びします」とNursamは言った。 告白金を受け取りました 中央ジャワ州ヌルサムはボイオラリのウォノサムドロのギヌレホRT 002 RW 005グヌンサリビレッジにある家で出会ったとき、その動きについて謝罪した。その結果、彼が助けをまったく受けなかったというNursamの声明のために、多くの住民とボランティアが彼の家にやって来ました。ナーサムは以前に述べたように、彼らは名目上のお金の紙幣を保持するように頼まれましたが、援助金を受け取ったことはありませんでした。 「それは本当ではない。私はお金や物資の形で援助を受けた」とNursamは土曜日(2020年7月18日)に言った。 バイクを購入すると、Nursamの牛は50百万ルピアの援助金を受け取ったことを認めた。しかし、彼はそのお金を使ってバイクと牛2頭を購入し、毎日の生活のために使いました。 「考慮事項は、私の妻が彼女の日常のニーズ、学童、他の人々のためによくなるかどうかだろう」と彼は言った。 「私はすべてのお金を使いました。私が覚えている限り、およそ5000万ルピアです。毎日の必要性のために、2頭の牛を買います。牛は売られました」と彼は続けました。 落ちたので稼働しなかったとのこと Nursamは妻の約5,000万ルピアの医療費についてボランティアから援助を受けたと主張した。お金は2009年以来癌を患っているキネムの痛みの治療を目的としています。彼の病気の結果として、キネムの状態は憂慮すべきです。彼の舌が突き出て、歯が抜け、口の下に大きなしこりがありました。妻の回復を求めたと主張するナーサムは、キネムは手術を受けていないと述べた。 「落下の状態のため、部屋に横たわっているだけでは操作されなかった」と彼は言った。 ウォノサムドロ保健センターの幹部であるスジャトモコであるボヨラリ保健サービスの多くの支援された代表者は、2009年からキネムの症例を発見したと述べた。中央ジャワ州保健局もキネムの状態を直接調べた。…