有罪判決を受けたバクットを食べるようにコロナ滞在通知に違反した男。 DPPは10〜12週間の刑期を主張

有罪判決を受けたバクットを食べるようにコロナ滞在通知に違反した男。 DPPは10〜12週間の刑期を主張

シンガポール-3月23日、在宅通知(SHN)に違反し、自宅を出てバクテーを食べた男性は、感染症法に基づく犯罪で有罪を認めた後、木曜日(4月16日)に有罪判決を受けました。 アランタムシャンシェンさん(34歳)は、SHNに違反して他人を感染のリスクにさらしたことで有罪判決を受けた最初の人物です。 副検察官のKenneth Chinは裁判所にThamに少なくとも10〜12週間の刑を宣告し、「犯罪の深刻さを反省」し、他の人が同様の行為をするのを阻止するよう要請しました。 彼は4月23日に刑を宣告されるでしょう。 Thamは先週、コロナウイルスの発生中に別の事件でSHNに違反したとして起訴された2人のうちの1人でした。 もう一人の男、48歳のパラニヴェル・ラマサミーは、2020年感染症(Covid-19滞在命令)規則に基づいて犯罪で起訴されました。 先に発行された共同声明で、保健省(MOH)と入国管理局(ICA)は、3月23日にミャンマーからシンガポールに到着した後、タムはSHNの送達を受けたと述べました。 彼の通知の一部として、シンガポール人はそれ以来4月6日まで常に家にいるはずでした。 それにもかかわらず、彼は3月23日の午後3時40分から午後10時まで島全体を旅しました。 裁判所の文書によると、彼はチャンギ空港のターミナル3のフードコート、ノースブリッジロードのペニンシュラプラザ、カンポン海軍本部ホーカーセンター、ウッドランズドライブ71のフェアプライススーパーマーケットなど、いくつかの場所を訪れました。 これらの旅行はすべて3月23日に行われました。 3月25日、ICAの職員は執行チェックの一環としてThamを訪問し、SHNの送達を受けた直後に帰宅しないことを役員に伝えました。 「調査によると、その日のタムの活動には、フードセンターやショッピングモールへの訪問が含まれ、その期間は約6時間半でした。 「タムが彼の居住地に14日間留まることを要求するSHNで発行されたにもかかわらず、タムは彼の無責任な行動により他人を感染のリスクにさらした」とMOHとICAは声明で述べた。…