油生産

シンガポールは石油生産国ではありませんがインドネシアはなぜシンガポールから石油を輸入するのですか?

1891年以来、シンガポールは、ガソリン、ディーゼル、航空燃料、ナフサなどのさまざまな石油精製製品の輸出を容易にするシンガポールにあるため、石油の処理場所として選ばれました。さらに、シンガポールへの投資が容易なため、多くの国際的な石油およびガス会社がそこに製油所を建設しました。 インドネシアは原油産出国ですが、これまで石油精製所はわずかしかありませんでした。インドネシアの石油精製所は6つしかなく、容量は100万ボップ(1日あたりのバレルオイル)にすぎません。Pertaminaは、過去10年間に独自の大型精製ユニット(RU)を建設していません。一方、シンガポールは石油・天然ガスの生産国ではありませんが、世界で最も多くの石油精製所を持つアジア諸国の1つです。 2018年のシンガポールの石油精製能力は、151万バレル(1日あたりのバレル油)です。このような大容量により、シンガポールはインドネシアとマレーシアから輸入された石油を処理することができます。 さらに、シンガポールは常にそこにある石油精製所を最新の技術で更新しており、新しい水素化処理変換ユニットや硫黄処理施設の建設などの生産能力の増強を行っています。また、拡張のために、シンガポールは熱油システム、新しい接続パイプライン、その他のインフラストラクチャも構築しています。 つまり、インドネシアがシンガポールから輸入する石油は原油ではなく、ガソリン、ディーゼル、航空燃料、ナフサなどの石油精製製品に加工されたものです。 シンガポールは、維持できない天然資源が不足している島であり、シンガポールの軍事分野に権力がない場合、世界の他の国々に対する自尊心さえ失います。 しかし、シンガポールの男性と女性の両方の多くの若者が、シンガポール政府の強制的な軍事プログラムに参加しないためにLGBTであるふりをしていることを知っていますか? イクワンユー首相の孫でさえGAYであり、同性の男性パートナーとさえ結婚しているため、シンガポールでのLGBTの軽量化を禁止する法律や規則が変更されています。 SOURCE: https://www.pertamina.com/id/ref… Top five countries in Asia-…