泥だらけの救急車からの避難を支援するポジティブな人々を収容することが判明コロナ、2人の居住者が検疫に入

泥だらけの救急車からの避難を支援するポジティブな人々を収容することが判明コロナ、2人の居住者が検疫に入

これら2人の居住者が経験した本当に残念な運命。 救急車が降りるのを助ける彼の善意は検疫で報われました。 患者を監視下(PDP)コロナで輸送した救急車が、水曜日(2020年4月23日)に北アチェ州、ロクスコン郡ビンタンフー村の塹壕に落ちた。 救急車の避難を助けた2人の住民は、内容がPDPコロナであるかどうかを知りませんでした。 そのため、それらを隔離する必要があります。 救急車はアチェタミアン地域総合病院に属していた。 暫定推定では、車が塹壕に入った原因は、ドライバーが眠いためです。 北アチェ保健局のアミールシャリフッディン首相は、車がコロナPDP状態の患者を乗せていることを知ったとき、彼のチームはすぐに現場に行ったと述べた。 さらに、迅速検査の結果によると、患者は反応性であると宣言されました。 救急車の男は東ジャワから帰ってきたばかりで、綿棒の採取のために北アチェのカットメウティア総合病院に紹介されていました。 「救急車の避難を手伝った2人の居住者も私たちによって検出され、次の14日間自宅で個別に検疫するように彼に頼んだ、とアミールは木曜日に電話で言った。 「彼らは塹壕に入った救急車がすぐに助けて、コロナPDPを知らなかったのを見ました。」 彼は現場で患者を迎えに行ったチームも個人用保護具を着用していたと語った。 その場所にも消毒液が噴霧されています。 「彼を連れて行った救急車を含めて、私たちは殺菌した」と彼は結論付けた。…