長野製造ドリルベ

長野製造ドリルベというインドネシアのバタム支店は倒産した原因何ですか?

スプレー塗装による薄膜での潤滑被膜を形成化成処理等一貫加工により短納期化、高品質周辺技術の開発、向上によりサービス提供シンガポール・インドネシアに進出。 PT長野ドリルベ・バタムは倒産し、日本人の上司は55億ルピアに達する労働退職金と従業員の給料と、工業用バタミンド、ムカクニング、ムカクニング、ザイベドゥク、バタム、ケプリの所有者が押収した資産を支払わずにぼやけました。 日本の会社が倒産した理由がわからない。 一緒に働いているのは、インドネシア語の中国語を聞いたからです。 バタムの中国人がすでに有名な場合でも、投資を行う外国人であっても、シンガポール人をだまします。 日本の投資家は、日本語を話し合い、お互いを理解できる現地の先住民と協力すべきです。 中国のインドネシア人は通常、詐欺が間違いなく中国の市民を置き換え、どこかに実行し、仮名を命名している場合。 インドネシアのパスポートにお金を持っている場合でも、原本のインドネシア市民の居住の手紙は、特に中国系の人のために作ることができます 基準:batamax.com 当初の公開29th January 2020 @ 1:28 pm