000メートルの高さの灰を噴き出します

シナブン山 は再び噴火し、2,000メートルの高さの灰を噴き出します

北スマトラのカロ県にあるシナブン山は、木曜日に数回噴火し、高さ2,000メートルの灰と煙が空中に噴出しました。   最初の噴火は午前6時7分に記録されました。約11分間続き、高さ1,000 mの灰柱が東、南東、南に向かって移動していると、国家災害軽減局(BNPB)が報告しました。   2回目の噴火は午後1時8分から約20分続いた。火山が東と南東に向かって吹き飛ばした高さ2,000mの灰柱を噴出したので、火山学と地質災害軽減センター(PVMBG)は言った。   木曜日の時点で、PVMBGは引き続き、シアガ、または4層式警報システムのレベル3で火山の警報ステータスを維持しています。しかし当局は、危険地帯として指定されている火口から半径3 kmを離れるように一般市民に注意喚起しました。   居住者はさらに、呼吸器系を保護するためにマスクを着用し、家の損傷を防ぐために厚い火山灰で屋根を掃除するよう勧められました。   PVMBGは声明のなかで、「川岸の近くに住む人々は、潜在的な溶岩流に注意を払わなければならない」と語った。   PVMBGはまた、木曜日の噴火後、航空用コードオレンジ火山観測所通知(VONA)を発行しました。…