000ロヒンギャ

症例数29に達したため、コロナウイルス隔離下の15,000ロヒンギャ

バングラデシュの広大な収容所でロヒンギャ難民15,000人がコロナウイルスによる検疫を受けていると当局者は月曜日に確認された感染の数は29に増加した。 医療専門家は長い間、ウイルスが窮地にある居住地を通り抜け、ミャンマーで暴力から逃れたほぼ100万人のイスラム教徒が住む可能性があると警告し、当局は4月にその地域への移動を制限しました。 それにもかかわらず、キャンプでの最初のケースは5月中旬に検出されました。 コックスのバザール地域の保健担当高官であるトーハ・ブイヤン氏はAFPに、「感染症は重大ではない。症状はほとんどない。それでも隔離センターに連れ込み、家族を検疫した」と語った。 彼は、キャンプの3つの地区への狭い道-感染の大部分が検出された-は当局によって封鎖されたと言いました。 これらのいわゆるブロック内の15,000人のロヒンギャは、彼らの動きに対するさらなる制限に直面したと彼は言った。 チャリティーワーカーが適切な保護なしに働いたため、キャンプで感染することへの恐れを表明したためです。 隔離されている2つのエリアは、およそ60万人のロヒンギャが住んでいるクトゥパロンキャンプにあります。 ての感染者とその連絡先を追跡できるように、できるだけ迅速にテストをスケールアップしようとしている」とブイヤン氏は語った。 700人以上のCOVID-19患者を治療する能力を持つ7つの隔離センターが準備されたと彼は言った。 当局は5月末までに2,000人弱の準備ができると期待していると彼は付け加えた。 コックスバザールの保健担当最高責任者であるマフバーラーマン氏は、当局は今週、毎日実施される検査の数を188から2倍にすることを望んでいると語った。 同氏、ダッカからの訪問者には14日間の検疫を設けており、キャンプへのさらなる入国制限が課されていると語った。 「ロヒンギャ収容所が非常に密集しているため、私たちは非常に心配している。(ウイルスの)コミュニティ感染がすでに始まっていると私たちは疑っている」とラフマンはAFPに語った。 「ほとんど気づかない」…