100リアウ諸島当局が綿棒テスト、40陽性コロナ

100リアウ諸島当局が綿棒テスト、40陽性コロナ

リアウ諸島でのCovid-19の件数、リアウ諸島知事の補佐官2名がCovid-19を積極的に契約していることが判明した後で爆発的に増加しました。リアウ諸島州政府とタンジュンピナン地方警察内の何百人もの役人と従業員も綿棒テストを受けなければならなかった。 2020年7月31日現在の試験結果に関するデータは、100人が試験を受け、40人がCovid-19陽性であったと記録しています。 Antamがバタムで報告したように、BBTKLPPバタムからの視察には、カリムンリージェンシーで1人の陽性者、ビンタンリージェンシーで7人、タンジュンピナンで30人が含まれていました。 私はまた、リアウ島保健局の代行責任者としてTjetjep Yudianaの名前と医療検査を受けた役人の1人であるリアウ州タスクフォースのスポークスマンに言及しました。しかし、結果は否定的なものでした。 一方、タンジュンピナン警察署のデータに基づいて、5人の警官と数人のタンジュンピナン警官がCovid-19で陽性であることが判明しました。 以前は、最新の綿棒の結果が出た後、リアウ諸島のイスディアント知事はCovid-19の陽性を確認しました。バタムポスデイリーからの報告によると、イスディアントの状態は安定しており、重大な症状はありません。 「はい、ポジティブです」とリアウ諸島州のコヴィッド-19タスクフォースのスポークスパーソンであるTjetjep Yudianaは金曜日(2020年7月31日)に言った。 イジェントは、2020年7月29日に綿棒を服用して以来、タンジュンピナンリージョナルビルディングの知事公邸で距離を置くか、独立検疫を行っていたとTjejepは言いました。 Tjetjepが明らかにした、知事が彼の個人的なボディーガードからCovid-19を契約した可能性が高い、最初のDPSはCovid-19によって肯定的に宣言された。 「知事が健康になることを祈る」と彼は言った。