100歳のコインの「宝」の山を見つける

10代の若者がイスラエルで1,100歳のコインの「宝」の山を見つける

夏休みにイスラエルの10代の若者2人が、1100年前にさかのぼる何百もの金貨を発見しました。 イスラエル骨董品庁(IAA)は月曜日に、粘土瓶に埋葬された貯蔵庫がイスラエル中央部のヤブネの遺跡で発見されたと発表した。 IAAの硬貨専門家であるロバートクールは、この硬貨は9世紀末に、当時のアルジェリアからアフガニスタンまで領土を統治していたイスラム教のアッバース朝カリフ制の支配下にあったと述べています。コイン-全部で425-は、24カラットの純金でできており、重さは845グラム(1.86ポンド)でした。 「そのような金額で、人は当時、エジプトの巨大な裕福な首都であるフスタットで最高の地区の1つで豪華な家を買うことができました」とクールは言った。 軍事前の国家奉仕に参加していた10代の若者は、当初は非常に薄い葉が瓶に埋め込まれているのを発見したと考えていました。 「それは素晴らしかった。私は地面を掘って、そして土を掘ったとき、非常に薄い葉のように見えるものを見た」とコインを見つけた若者の一人であるオズコーエンは声明で言った。 「もう一度見たとき、これらは金貨であることがわかりました。そのような特別で古代の宝物を見つけることは本当に興奮しました。 発掘現場の責任者は、金が溶けて後の文明によって再利用されることが多かったため、そのような大量の金貨を見つけることは非常にまれであると発掘現場の責任者は述べています。 「空気中で酸化しない純金で作られた硬貨は、前日に埋葬されたかのように優れた状態で発見されました。それらの発見は、地域の居住者と遠隔地の間で国際貿易が行われたことを示している可能性があります」とLiat Nadav- IAAのZivとElie Haddad。 「1100年前にこの宝物を埋めた人はそれを回収することを期待していたはずであり、釘がそれを動かないように釘で固定さえした。彼がこの宝物を集めるために戻ったのを妨げたのは私たちだけが推測できる」と彼らは付け加えた。 金貨のコレクションには、完全な金ディナールだけでなく、金貨の小さな切り抜きも含まれています。 彼が付け加えた切り抜きの1つは、非常に珍しい作品であり、隣接する帝国の首都コンスタンティノープルで鋳造されたであろうビザンチン皇帝テオフィロスの断片を示している。…