23人がコロナウイルスのためにバタム島の墓で死亡した、日本人がいるか

23人がコロナウイルスのためにバタム島の墓で死亡した、日本人がいるか

バタム住宅居住区事務所は、23の埋葬が新型コロナ法を用いて行われたと述べた。つまり、死んだ後最大4時間で、存在する人や他の人に限定されたプラスチック層が与えられたため、遺体はすぐに埋葬されました。 Eryudhi Apriadiの住居および居住サービスのバタムヘッドは、3月に新型コロナメソッドを使用して3つの埋葬があったと述べました。一方、2020年4月には、この方法を使用して聖テミアン公共墓地で20の葬式が行われました。 「埋められているのは、陽性の患者と死亡した監督下の患者(PDP)です」と水曜(2020年4月22日)のEryudhi氏は述べています。 バタムでの新型コロナ事件の状態がいくつかのクラスターから増加しているため、エリューディ氏は、これまでは葬儀施設としてTPU Sei Temiangを引き続き使用し、他の施設はまだ準備していないと述べました。 「セイ・テミアンはまだこのケースに対応するのに十分な容量があるので、これまでのところ、2番目の場所を計画していません。 一般的に食べる人に関しては、バタム住宅入植サービスは葬式の数はまだ毎日同じであり、セイテミアン自体の1日あたり4墓地であることを言った 「バタムには77の異なる墓地があり、管理方法が異なります。家族の墓があり、その一部は財団によって管理されているため、セイテミアンの公共墓地のデータのみを要約します」と彼は説明した。