3コロナウイルスの影響を受けたバタムの警察候補者

3コロナウイルスの影響を受けたバタムの警察候補者

バタム市長のムハンマドルディ氏は、スワブの結果に関する情報がバタムの環境保健工学管理センター(BTKL-PP)バタムから木曜日(2020年4月15日)に取得された後、バタムで陽性の患者コロナウイルスが発生したと発表しました。 綿棒は、まだ17例があった前日からさらに9人の陽性患者を確認した。これまでに、バタムでは合計26のコロナウイルス陽性例が確認されています。 これらのうち、国家警察のメンバーである3人の肯定的な相互関係のある患者がいます。その中で、31歳のISAの男性は患者番号19、次に患者番号20として33歳のRHPの男性、最後に35歳の男性HSは21です。 バタム市役所の責任者であるディディクスマルジャディ氏は、国家警察の3人のメンバーは、セトゥクパレムディクラポリからの警察検査官学校(SIP)の学生であると述べました。 「300人を含む人々はスカブミで反応的な結果を出して迅速なテストを受けた」とディディは木曜日(2020年4月15日)の夜のオンライン会議アプリケーションを通して言った。 ただし、スカブミでの迅速診断テスト(RDT)中に、彼らは非反応性の結果を示した。しかし、彼らがバタム島に戻ったとき、彼らはRDTをやり直していました。そのとき、RDTに加わった国家警察の7人のメンバーがいました。そして、結果は6人の反応者であり、1人は非反応結果を示しています。 彼らがバタム島に戻ったとき、彼らはすべてバタム島のバヤンカラ病院で直接検疫されました。 「RDTの結果に基づいて、彼らはその後綿棒のサンプルを採取した」とディディ氏は述べた。